テーマ:政治

オリンピックと政治の歴史

① 1896年アテネ大会 近代オリンピックの伝統はアテネから始まった。参加したのは13カ国、約300人。旅費は自費であった。 ② 1900年パリ大会 女性がはじめて参加を認められた大会で、イギリスのシャーロット・クーパーはテニスのシングルスと混合ダブルスで金メダルを獲得した。が、大会はお粗末な運営でミソがついた。日程の不備によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9.11同時多発テロ

あの惨劇から8年が経ちました。 テロの前に、自分は犯人を捕まえるチャンスがあったと語る人のインタビューです。 以下、9月10のABC "NIGHTLINE"。 9・11同時多発テロから8年、テロの根城に潜入したという一人のFBI情報提供者が語った。FBIはアルカイダを食い止めるチャンスを逃した、それは後に9・11の首謀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストレディ

話題になっております、TIME誌の『カラフルなファーストレディ10傑』です。 1人だけ男性が混じっているので、タイトルは"First Spouses"「配偶者」となっている。 colorfulってのは「波瀾にとんだ、華やかな」と言う意味だが、まあ「風変わりな」と解してもいいのでは。 ちなみに順位はついていない。 ① …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権交代 日米関係

9月1日付Washington Postの社説。 ―――政党が一つよりは、二つのほうがいい。 政治の競いあいなくして、民主主義はありえない。だからこそ、総選挙での民主党の地滑り的勝利には喜んでいい。 民主党は、1955年以来わずか11ヶ月を除いて日本を支配してきた自由民主党を破った。自民党政権下の日本は決して独裁体制という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙活動

先日、投票日の一週間ほど前、 スーパーで買い物を終え、荷物を車に積み込んでいると、 幸福ナントカの候補者の兄ちゃんが自転者で運動員とともにやってきました。 駐車場に入ってきて、僕と同じように車の乗り降りをしているおばちゃんやお爺ちゃん数人に握手を求め、 それなりに激励されていました。 僕のとなりに駐めていたオバちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙 政権交代

いやあ、大物が軒並み落選だね。 こんだけボロボロ落っこちると壮観だね。 みなさん、ちゃんと投票しましたか? 一票の権利を行使しない人は、文句を言う権利もありませんよ。 「傍観者はすべての発言権を失う」って言うじゃんか。 アメリカはどう見ているのでしょうか。以下、8月31日付New York Times。 伝統的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家になったスポーツ選手 1

日本だとノルディックの荻原健司さんくらいかな? ああ、アントニオ猪木さん、サッカーの釜本さん、スピードスケートの橋本聖子さん・・・ 結構いますわな。野球のエモやんもこないだまでそうだった。 以下、Sports Illustrated。 ① アーノルド・シュワルツェネッガー(共和党、カリフォルニア州)ボディビルダーとして注目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領のバレンタインデー

バレンタインの週末は家族で地元に帰ったそうな。 以下、ABC"Good Morning America"。 <2月13日17時23分の記事> 大統領とファーストレディ、ファーストドーター(娘)のマリアとサーシャ、ファーストマザー・イン・ロー(義理の母)マリアン・ロビンソンは、マリーン・ワン(海兵隊のヘリ)に乗ってホワイトハウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画で学ぶ英語

①空港のカウンターでの一コマ。  "How much would it cost to upgrade to the pilot who splash-landed in the Hudson River?" 「ハドソン川に着水した機長にアップグレードしてもらうには、いくら払えばいいのかね?」 ②大統領の宣誓就任。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画で学ぶ英語

新大統領の就任式、現職はホワイトハウスから会場に向かう。 荷造りをすませ、執務室を引き払うブッシュ。 パネルにあるのは右がSUCCRSSES(成功)。左がFAILURES(失敗)。 失敗は・・・ 1, Bin Laden ビンラディン 2, Iraq イラク 3, Afghanistan アフガニスタン 4,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領の娘たち 2

長女マリアと次女サーシャ、就任式まで大忙しです。 ① ビッグ・モーメント 10歳のマリア(左)と7歳のサーシャは、ケネディ政権以来ホワイトハウスに入る最年少となる。 ② 長い週末 土曜日、両親とともに、首都へ歴史的な旅に向かう。かの列車でフィラデルフィアからワシントンへ。 ③ 舞台裏 土曜日、一家はリンカーン・メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領の娘たち

大統領夫人のことを英語でthe First Ladyと言いますが、同様に一家をthe First Familyと言う。今回は二人の娘をメディアはthe First Daughtersと呼んでいる。 その娘たちのファッションに関する記事。 以下、1月21日付の『TIME』。 バラク・オバマの娘たちは、就任式で驚くほど落ち着い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ合衆国歴代大統領

Sports Illsutrated誌の表紙になった、歴代合衆国大統領です。 ① ジョン・F・ケネディ 1960年12月26日 一緒に写ってるのはもちろんジャクリーン夫人です。 ② ジェラルド・フォード 1974年7月8日 この人はニクソンがウォーターゲートで辞任して、副大統領から昇格したんだよな。そのあと選挙で負けてる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領就任演説

日本時間の午前2時に演説が始まった。 さすがに起きて見ていられないので、録画してじっくり見るとしよう。 娘に「演説は短めに」とアドバイスされているらしいが。 18分間だった。それにしてもスゲエ人出だなあ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ大統領就任式

過去にも、国家の危機に語られた言葉があった。 危機に瀕したときこそ、リーダーたる政治家の言葉に人々は耳を傾け、期待をこめるのである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領のリムジン

大統領の乗るリムジンは完全武装の特注車です。 以下、1月14日のABC World News。 1月20日、バラク・オバマ大統領がペンシルベニア通りを行くとき、彼は新しい車に乗っているはずである。高度に武装した新たなデザインのリムジンで、GM社とキャデラック事業部で、ほとんど極秘裏につくられた。 新型の大統領専用リムジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領就任式

いやあ、いよいよ1月20に迫ったね。 選挙のときの勝利演説も見事だったが、今回はどんな言葉を紡ぐのかしら。 それにしても、警備体制はスゴイらしいぜ。 以下、1月15日のNew York Times。 政府当局は連邦議会議事堂の周囲数マイルにおよぶセキュリティ・ゾーンを封鎖しはじめた。バラク・オバマ次期大統領がここで火曜に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領誕生!

いやあ、いよいよだね。大統領就任式。 くにちゃんは録画して永久保存版にするよ。 バスケ狂のオバマ氏。 大統領になるために、しなければならないこと。12月17日、朝7:43、バラク・オバマはアイオワ州スペンサーのYMCAに到着。Sports Illustrated誌の記者、S.L.プライスと1対1のゲームをするためである。赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッシュ靴投げ 2

今週の漫画です。 ① "Wow! How do you move that fast?" 「ワオ!何でそんなに機敏なの?」 "I've had a lot of practice in America." 「国でさんざん練習したからな」 ② オバマさんはさまざまな景気刺激策を打ち出しております。 サンタの袋:"ST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ大統領とスポーツ

ワールドシリーズやスーパーボウルを制したチームがホワイトハウスに招待されるのは、おなじみの光景となっております。大統領とて一人のアメリカ人男性。スポーツに熱中するのは例外ではありません。 以下、Sports Illstrated。 レンジャースは去ってゆく。そしてホワイトソックスが来る。マウンテンバイクは地下室に放り込まれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期政権

すわ、ヒラリーが国務長官か? アメリカの国務長官は他国の外務大臣と同じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権交代

いやあ、いよいよ年明けにはオバマ大統領の誕生ですな。次は出馬しなかったり落選が決まったりしてて、辞めるのを待つだけの人を英語で"lame duck"って言うんだけどさ、今のブッシュ大統領がそれになるわけよ。 lame duck って直訳すりゃ「足の不自由なアヒル」ってことかしら。 "We have couple months l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ 黒人の歴史 2

④ ブラウン対教育委員会1964年5月8日、カンザス州トペカのサムナー校の前に立つ、リンダ・ブラウン・スミス。1951年、当時9歳だったブラウンが公立学校への入学を拒否され、画期的な「ブラウン―教育委員会判決」につながった。連邦最高裁は「分離すれど平等」の条項を覆し、全米の学校に人種差別を廃止する命令を下した。 ⑤ 市民権: ロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家になれそうなスポーツ選手たち

現役・元を含め、アスリートのなかで誰が優れた政治家になれそうだろうか?ここに13人の候補を挙げる(アメリカの雑誌なので、あしからず)。 ① チャールズ・バークレーNBAの元スターは2006年に民主党に鞍替えし、2010年のアラバマ州知事選を目指すと語った。オバマの支持者でもある彼は、今年の2月にも同じことを言っている。 ② マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ 黒人の歴史1

① 南北戦争が終わり、エイブラハム・リンカーン大統領が奴隷解放宣言を発して、アメリカにおける奴隷制度は終わりを告げた。 この1863年の挿絵では、足かせをはめた解放奴隷が家族に見守られ、大統領の手にキスをする。次期大統領となったバラク・オバマは民主党の勝利を宣言し、国家の分裂を癒すことをうたい、リンカーンの就任演説を引用した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマさん、おめでとう!

いやあ、とうとう黒人大統領の誕生だね。 日本でも2年位前から名前が知られるようになったけどさ、そんときゃ正直くにちゃん、 「頑張ってほしいけど、まあムリだろうな」って思ったよ。 オバマさんがどうとかじゃなくてさ、アメリカ自体がまだ黒人のリーダーを受け入れる用意が出来てないって思ったわけよ。 一説にはさ、ハリウッドの映画や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ合衆国大統領

合衆国の最高行政官。議会政治を行なっている国の多くが、大統領職を儀礼的なものにしているのに対し、合衆国大統領には強大な権限が付与されている。おそらく選挙で選ばれたものとしては世界最強のポストである。 国家の創設者たちは、もともとは大統領制の権限を狭く限定されたものにしようとしていた。彼らは行政当局を信用していなかった。植民地政府の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラ・ペイリン

共和党副大統領候補、サラ・ペイリン氏。こんどは自分や家族のおしゃれに党の金を15万ドルも使ったとか何とかで非難を浴びております。 いやあ、はっきり言ってこの人は「歩く公私混同」ですな。 以下は彼女のファッションの変遷ぶりです。 ① 「使用前」の1枚2007年アラスカ・ステート・フェア(万博の州バージョンみたいなやつ。特産物とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more