テーマ:メジャーリーグ

うーん、いい声だ。

いやあ、寒いね。 正月は元日に天皇杯決勝を見て、夜中にプレミアリーグの生中継を見て、2日と3日は箱根駅伝を見て、2日の午後は大学ラグビーの準決勝を見て、3日の午後はライスボウルを見て過ごした。毎年のことだが。 以下、Sports Illustrated「スポーツ実況アナウンサーTOP10」 ①ヴィン・スカリー 昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナタもアバター

うーむ、こういう時代がとうとう来たか。 以下、New York times。 ーーーーーーーーーーー  相手の一歩先を求める戦いは終わりがない。いくつものMLBチームが、精密な、多くは秘密の争いを繰り広げている。最先端の映像テクノロジーが、すべての年代のアスリートのトレーニング、パフォーマンス、故障からの回復に影響を与えると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くたばれヤンキース2

もうちょっと続き。 クラブハウスのロッカーそばで話を聞くと、ウイルソンは地元で先発対策として、気温が30℃を下回ったときにスウェットを着てジョギングを繰り返したと言う。南カリフォルニア大出身の29歳左腕は2001年にレンジャースと契約したが、「当時は高額の契約に対するプレッシャーがすごかった」そうで、2005年のメジャーデビューの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くたばれヤンキース

以下、9月30日付New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー テキサス・レンジャースの本拠地球場はダラス郊外の平地にあるが、古臭い赤レンガ造りで狭く、まったく場違いな外観である。そのスタジアムのオーナー席へ行くには、スタンドの下にある小さな部屋を通らなければならない。そこはジョージ・W・ブッシュが199…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるっきりドライでもない

いやあ、いよいよポストシーズンだね。 契約最終年の選手はイロイロ憶測がとぶわけよ。 以下New York times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー シーズンが終われば、ヤンキースはデレク・ジーターとデリケートな最後のタンゴを踊ることになる。ルー・ゲーリッグの次に偉大な、ヤンキースの一員である。 ジーターは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捨てない!技術

いやあ、ホークスおめでとう! 歓喜の瞬間は大切にとっておきましょうという話。 以下、New York times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 1960年ワールドシリーズ最終戦を最初から最後まで中継した映像――完全に消失したと思われていた――が、何の変哲もないモノクロフィルムに収められていた。見つかったのはサンフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー選手おめでとう!

いやあ、やったね。 アメリカではあまり注目されていない。さすがにESPNはトップ扱いだったが。 以下、AP電。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 記録達成の競演となった試合で、主役の座を勝ち取ったのはホゼ・ボティースタであった。 ボティースタは初回にメジャートップとなる50号本塁打を放ち、結局これが決勝点とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の栄光にすがるのはやめましょう

いやあ、イチロー選手、いよいよだね。 10年連続200安打。これは何よりもまず怪我で休んだらダメである。 さて、往年の名選手、4256安打を誇るピート・ローズがイチロー選手にケチをつけております。以下、ESPN。 ーーーーーーーーーーーーーー ローズ:「あのな、イチローは全体ヒットのうち27~28%が内野安打だったシーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かかってこんかい

いやあ、涼しくなってきたね。 こないだ大リーグでものすごい乱闘があったが、以下、Sports Illustratedが選ぶ 「悪名高い野球乱闘集」。 ①「マリシャル、バット振り回し事件」1965年8月22日 ジャイアンツとドジャースは敵意むき出しのライバル関係であり、ホアン・マリシャルは左腕サンディ・コーファックスに対し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルールは自分たちで作るもんだ

いやあ、暑いね。 以下、7月21日付New York Times。 ーーーーーーーーーーーーー ジョージ・スタインブレナーをすぐに殿堂に入れようという動きが本格的に始まり、来たる日曜日に新メンバーをクーパーズタウンに安置するに際し、その気運はさらに高まりそうである。 土曜日、ヤンキースタジアムでのオールドタイマーズ・デー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛すべき独裁者

いやあ、一つの時代が終わったね。 よくスタインブレナーとナベツネが比較されるが、スタインブレナーは憎まれつつ愛される。 ナベツネは愛されない。スケールもない。 ① ニューヨーク・ヤンキースのオーナー、ジョージ・スタインブレナーが80歳で死去した。2000年以来となるワールドシリーズ制覇を果たしてから、わずか8ヵ月後のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊良部を「太ったヒキガエル」と呼んだ男

ビッグニュースが飛び込んできた。 と思ったら大会やら何やらでパソコンに向かう暇がなかった。 以下、7月14日付New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーー 1973年に落ち目のヤンキースを買収し、現場には口出しをしないと約束したが度々騒動を起こした。それでも11回のリーグ優勝、7回のワールドシリーズ制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女の冒険、青空しょって

いやあ、吉田えりちゃん、デビューだね。 以下、New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー チコ、カリフォルニア―― 初回先頭打者として、元大リーガーのイヴァン・オチョアが絶妙なバントヒットを3塁線に決めたとき、地元のファンからブーイングが起こった。そして1人は大声で叫んだ。 「男らしく打てよ!」 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

明るく、泥臭く

いやあ、とうとうローテーションの座をつかんだね。 以下、New York Times。 ヤツはニューヨークで、ヤンキースで活躍する力があるのか疑いの目で見る周囲を納得させるために、ハビエア・バスケスは良い投球を見せる必要があった。彼は金曜の夜、それも町境で好投して見せた。攻撃陣は得点できずに苦しんだが、それにくじけることもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いやあ、上々の出だしだね。 以下、Los Angeles Times。 ーーーーーーーーーーーーーーー ケン・アスプロモンテは、もうファンの間でからかわれることもない。彼は球団創設1年目の1961年に2塁を守り、内野陣には他にスティーブビルコ、ジーン・リーク、フリッツ・ブリックウェルがいた。 当時のエンジェルスは開幕6戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賢いお金の使い方

いやあ、海の向こうも開幕だね。 以下、New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 野球関係者のあいだでは、細かい事を褒めるというのは条件反射のようなものである。野球における最大の美徳とは、状況に応じた打撃であり、一つ先の塁を奪うことであり、わけてもピッチングと守備である。野球は投手で決まる、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘法だって筆を選んだろうよ

いやあ、開幕したね。 っても日本の話だけどさ、まあメジャーも間もなくよ。 以下、New york Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 先週、普通なら無意味なオープン戦になりそうな試合の9回ウラ、メッツのアンヘル・ペイガンは1点差を追いかける場面、走者1人をおいて打席に入った。 この試合唯一の打席だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くへ行きたい

いやあ、暖かかったり寒かったりだね。 三寒四温とはよく言ったもんよ。くにちゃんが子供のころはクルマのスパイクタイヤってのがあってさ、文字通りスパイク(鋲)のイボイボがタイヤについてんのよ。それが雪の解けた道路をガリガリ削るもんだから、この時期は粉塵が凄かったのよ。路肩に残った雪が真っ黒になってんの見て「ああ、春なのね」って思いなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イバラの道を楽しむという心

いやあ、球春が近づいてきたね。 以下、3月13日付New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (ポート・セントルーシー、フロリダ) 日本のテレビ局「J Sports」(スカパーで見られる)は、母国の大スター松井秀喜と、メッツに来た左腕、高橋尚成が登場するスポット放送を計画している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬は処方を守り正しく使用しましょう

いやあ、あれからもう12年だね。 以下、12日付New York Times。 全米にテレビ中継された議会公聴会で、ステロイドに関する質問から逃げまくってから5年。マーク・マグワイアは現役時代に禁止薬物を使用していたことを認めた。 セントルイス・カージナルスから発表された声明文によると、マグワイアは1980年代後半からステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご指名にあずかれるかが問題なのだよ

アメリカという国は歴史が短い。 だからこそ先人たちの業績を正しく評価するために努力を惜しまない。 以下、昨年12月6日のNew York Times。 1973年に指名打者制(DH=designated hitter)を導入して以来、このポジションは野球における原理主義者たちを悩ませ続けてきた。DHというのは投手を甘やかす…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

言い訳なしの真剣勝負が見たいのだよ

人間、成功体験に胡坐をかいていると、あっという間に転落するのである。 日本野球もWBCで連覇したからって調子に乗っていてはいけないのである。 常に謙虚に研鑽しなければならぬ。 日露戦争できわどく勝ったことに酔い、その後この国をメチャクチャに滅ぼした帝国軍人たちを見るがいい。 以下、1月8日付New York Time…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望まれてナンボですよ

以下、15日付New York Times。 ――ワールドシリーズの覇者が、翌年春の本拠地開幕戦でチャンピオン・リングを受け取るのはひとつの伝統である。 ヤンキースにとって、それは2010年4月13日、相手はロサンゼルス・エンゼルス。まさにピタリだ。 松井秀喜のヤンキースでの7年に及ぶキャリアは、先月のワールドシリーズMV…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

松井秀喜、エンゼルスと1年契約

パソコンがイカレちまって、だいぶ間が空いた。 いやあ、速報だが、エンゼルスに行くか。 まあ身体検査をパスしなけりゃ本決まりにはならんが(向こうのプロスポーツはそういう仕組みで契約を交わす)、まあいいんでないかしら。アナハイムは暖かいし、雨も少ない。膝にはいいでしょう。 ちょうどいいと言うか、来年のヤンキースの地元開幕戦はエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つわものどもが夢のあと

フロントと現場が一体となってこその優勝であった。 以下、7日付New York Times。 哀愁よりも思いやりから、ブライアン・キャッシュマンはヤンキースの面々に、優勝パレードを楽しむように言った。 選手たちは満喫した。彼らには、狭い通りに集まった群衆から愛を受ける資格があった。これは彼らのための時間だった。今後の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠不足だろうによ

翌日にテレビ出演したのよ。一瞬だけ。 有名なトークショーなんだけどさ、ヤンキースと契約して1年目が始まる前にも一度出てますな。 レターマン:「みんな二日酔いなんじゃないの?」  ジーター:「アンタほど酔ってないと思うよ」 レターマン:「婚約したとかなんとか言われてるけど?」  ジーター:「してないよ。アンタは?」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この国でエコロジーなど夢のまた夢

いやあ、すごかったね。優勝パレード。 紙吹雪パレードを英語じゃ"ticker-tape parade"ってんだけどさ、しかしまあスゲエ紙のムダだな。昔はニューヨーク市の公衆衛生局が紙吹雪のための紙を提供したとかなんとか。 その昔、パレード当日の天気予報で 「本日のニューヨーク地方は、晴れ、所により紙吹雪でしょう」 なんつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

New york, New York

さあ、来年はどうなるでしょうか。 以下、11月5日付ニューヨーク・ポスト。 記事を書いたのは、松井がヤンキースに来たときはチームメイトだったデビッド・ウェルズ。 オレはしばらく、ヤンキースは今オフに松井と再契約せずに、若い選手を獲得すべきだと主張してきた。だが今となっては、どうする? レジー・ジャクソンが1試合で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

7年間この瞬間を待っていた

いやあ、おめでとう! 星陵高校時代から応援しているくにちゃんは、涙が止まらなかった。 以下、11月5日のニューヨーク・タイムズ。 松井秀喜は、自分がヤンキースでさらなる試合をプレーするのか、知らない。ヤンキースにも、わからない。もしも、松井がヤンキースでの最後のゲームを戦ったのだとしたら、彼は野球界最大の舞台を、7年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こりゃ天敵ですな

Aを応援する側と、Bを応援する側と、中立の3者。 実況のトーンもこれだけ変わるのだよ。映像の有無もそうだが。 それにしても、またペドロから打ったね。 2003年のリーグ優勝決定戦第7戦、負けたら終わりの試合で2点リードされてて、8回に松井がペドロから2塁出してつなぎ、同点になったのであった。 この年、ペドロは冗談…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more