テーマ:サッカー

男女平等?

アメリカ女子サッカー代表がオカンムリであります。 以下、4月22日付New York times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー 問題の核心は、論争の中にはない。ワールドカップを制覇したアメリカ女子代表チームの選手たちは、男子代表の選手たちよりも、もらっているお金が少ない。この事実を踏まえてのことだが、実態はよりハッキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もはや不毛の地でもない

アメリカメディアのサッカーの扱いも増えたもんだ。 56年前、ニューヨーク・タイムズ、1958年スウェーデン大会準決勝の記事はたったこれだけ。17歳のペレがハットトリックでブラジルが決勝進出とか、通信社の記事を載せてるだけである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ代表の歴史 1

以下、Sports Illustrated。 --------------------- 1989年11月、アメリカのサッカーは40年間の中で最も重要な試合を迎える前に、1週間のキャンプを張ったが、これは贅沢など何もないものだった。携帯電話やインターネットのない時代、アメリカ代表選手たちはフロリダ州ココアビーチのドミトリーで、二人部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対神GOD 対 八百万の神

いやあ、なでしこ、決勝だね。 以下、アメリカも決勝進出を決めてのNew York Times。 -------------------------------------------- 試合開始から2時間以上が経過していた。アメリカ対カナダの準決勝、最初の122分間、アメリカはカナダ最高選手の3ゴールに度肝を抜かれ、その都度追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたにも、チェルシー、あげたい。

いやあ、おめでとう! ドログバの同点弾のときは朝っぱらから大声を上げてしまった。この日、わが町は祭りでピーヒャラ賑やかであり、スーパーにもご馳走が並んでいたが、くにちゃんはすべて無視して、CLにおなじみのハイネケンを飲んでいたのであった。 以下、5月20日付の英Mirror紙。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー チェルシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこの国も大変ですね

さあ五輪予選だ。 アメリカの老舗深夜番組にソロとワンバックが出演。 それにしてもワンバックを見るとテニスのナブラチロワを思い出すのは私だけであろうか。 レターマン:「日曜日の決勝見たよ。つらい敗戦だったね」 ワンバック:「ハートブレイキング(胸が張り裂けるような)」 レターマン:「私はサッカーはあまり詳しくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女はつらいよ

大変なのは、なでしこだけではない、という話。 以下、8月11日付New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 女子ワールドカップ決勝で敗れてか3週間後、アメリカ代表チームの選手たちはプロ・リーグに戻ってきた。まるで優勝したかのような出迎えを受け、バラの花束を手渡され、「素晴らしいヒーローたち(最近はヒロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこは神風をうけて頂点へたどりついた

神風というなら、これぞ神風。 以下、17日付New York Timesのアンドリュー・ダスさんのブログ。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 日本にとって、大会全体を通じて流れていたのは、大震災で打ちひしがれた国民に喜びと誇りをもたらすという願いであった。先週のNYタイムズではこう綴っている。     日本チームが震災に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこが勝った本当の、本当の理由を私が教えよう。

みなさん、試合を見ていて気がつきましたか? 延長後半に日本が澤選手のゴールで再び追いついた直後、アメリカのワンバク選手が右からのクロスに合わせたが、シュートは上にふかして勝ち越しならなかった。 この時、ワンバク選手は苦笑いをした。 この苦笑いを見た瞬間、くにちゃんは彼女の心理を完璧に読み取った。 「ああ。日本よ、世界一に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

決勝戦写真集

いやあ、ビデオを何度も繰り返し見る。 そして涙もろいくにちゃんは繰り返し泣く。 ところで大会を通してNHKがBSで中継し、途中からフジテレビが地上波でやりましたね。 くにちゃんはフジテレビのスポーツ中継が死ぬほど嫌いなのでNHKしか見なかったが、解説で元なでしこの川上直子さんは「入った~!」の声がかわいいね。 でも優勝の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐えて咲く花、それはなでしこ。

いやあ、おめでとう! くにちゃんは東京のホテルでテレビを見たが、二日酔いの頭痛もふっとんでしまった。 以下、17日付New York Timesのジョージ・ベッシーさんのコラムです。 ーーーーーーー サッカー女子ワールドカップでアメリカが優勝してから、まる12年がたった。そして彼女たちがもう一度チャンスをつかむまでさらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米決戦!

いやあ、決勝進出おめでとう! スウェーデン戦の記事の前に、ドイツ戦について。 以下、10日付New York Times。 おそらく日本の選手以外は、誰も彼女たちが勝つとは思っていなかったろう。 相手のドイツは過去2大会の覇者である。1999年大会の準々決勝、メリーランドでアメリカに敗れて以来、無敗。体格、経験、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

総統も相当嘆くよ

出所がテレビだかなんだか知らんが、こんなのがあった。 側近が説明している。 側近A:「ドイツでは今やワールドカップ熱が高まっています。グループリーグは3戦全勝で楽々と勝ち上がりました」 そこへ一人が深刻な顔で部屋に入ってくる。 側近A:「ブラジルとスウェーデンも好調です。決勝は7月17日の日曜日、フランクフル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本業で輝くとべっぴんになるものだ

マイケル・フェルプスがツイッターで「ゴール!」とか「審判ムカツク」とかワーワー騒いでましたな。アメリカ―ブラジル戦を見ていたらしい。 以下、11日付New York Times。 土曜日、日本は女子サッカー史上最大の大番狂わせを演じた。大会連覇中のドイツを延長戦の末1-0でくだし、準々決勝で地元ファンの期待を打ち砕いた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

なでしこジャパンおめでとう!

いやあ、頑張ったね。 ドイツのビルト紙の見出しは 「1999年大会以来最悪の、悪夢のような結果」 ・・・・これじゃ五輪もダメじゃないかとか、まあそんなことが書いてあるようだ。 それにしても澤選手、ポジションが昔より後ろにさがっているが、それだけに「日本のベッケンバウアー」と呼びましょう。 MOVEREJEAN J…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

優勝カップはドイツんだ?オラんだ!

いやあ、決勝のカードが決まったね。 それにしても何だ、ドイツはよ。借りてきたネコみてえなビクビクした試合しよってからに。 以下、英Guardinan紙。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー ドイツを1-0で降し、決勝進出を果たしたスペインは、フットボールの達人と形容された。 ドイツ監督ヨアヒム・レーヴは、スペインが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残り3試合だ

いやあ、4強だね。 というか、さっきオランダが勝ったね。 3位決定戦の生中継はスカパー!しかないそうな。 ケープタウンに棲んでいるケープペンギンの鳴き声はブブゼラにそっくりだそうな。 以下、New York times。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 新しく生まれ変わったドイツ代表チームの魅力は、若さ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ウルグアイ-オランダ戦はこうなる!

くにちゃんが予言します。 もしもウルグアイが、ガーナ戦と同じように得点されたら負けの場面でシュートが枠内に飛んできたら、MFの2人がゴールライン上に寝転がり、長身のDFが3人並んで立って3枚ブロックを企てるであろう。 そこで3人くらいがいっせいに一発レッドで退場となり、残りの何分かを11人対8人で戦う。 そして運良くP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコの手も借りたい

いやあ、思わず出ちゃったね。 前から思うんだけどさ、明らかなゴールをハンドで防いだ場合はさ、ラグビーの認定トライみてえに得点を認めちゃったほうがいいんじゃないかしら。退場で出場停止ってもさ、それで勝ち上がったら手え出したモン勝ちってことじゃんか。 以下、英Guradinan紙。TIMESはカネを払わないと読めなくなってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8強見て発狂

いやあ、準々決勝だね。 ようやく日程がスカスカになり、久々に朝まで眠ったら物凄い爆睡だった。 以下、英TIMES。 ーーーーーーーーーーーー 前回のワールドカップでアルゼンチンとドイツが対戦したときは、喧騒のうちに試合は終わった。準々決勝を控え、互いの悪感情は辛辣なコメントになって表れた。ディエゴ・マラドーナはドイツ語な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

8強は家賃が高い

いやあ、惜しかったね。 本大会でガラリと戦い方を変えた日本とパラグアイは似たもの同士なので、どうしても我慢比べになる。 GK川島くんはPK戦で一本も止められなかったが、緒戦で彼がスーパーセーブしてなけりゃ勝ち点3はなかったのである。オランダ戦も下手すりゃ0-3になっていたかも知れず、デンマークと並んだ場合は得失点差で不利にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ど根性の軍団が相手だ

いやあ、いよいよだね。 パラグアイはユニフォームが白と赤なので、愛称は「La Albirroja(ラ・アルビロハ)=白赤軍団」。 もうひとつはインディオのグァラニー族にちなんで「Los Guaranies(ロス・グァラニエス」。 国民の多くはスペイン語とグァラニー語の両方を話せるそうです。だからアルゼンチンとかメキシコとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

44年越しの呪いを受けるがいい

いやあ、誤審だらけだね。 サッカー好きな人なら知ってて当然だが、イングランドは地元開催の1966年に西ドイツと決勝で戦って、ハーストという選手のシュートがクロスバーを叩き、真下に落ちた。ボールはそのままゴールの外、つまりフィールド側に出た。が、判定はゴールで決勝点になり、ドイツは敗れた。 ドイツの人々はいまだに「あれは入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守護神の手にかかっている

いやあ、16強が出揃ったね。 アメリカの大学バスケのトーナメントだと、16強を"Sweet Sixteen"という。もともと「花の16歳」とか「娘盛り」という意味なのだが、SとSで韻を踏んでいる。 8強は"Elite Eight" 4強は"Final Four"。 どれも韻を踏んでいるわけである。 ・・・さあ、これから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間にも旬があるのだ

いやあ、イタリアもズッコケちゃったね。 それにしても元気なのは南米ばかりですな。やはり欧州勢は季節が逆で動けんか? 以下、英TIMES。 ーーーーーーーーーーーーーーー 前回覇者のイタリアは、スロバキアに2-3でまさかの敗戦。グループリーグ敗退という赤っ恥をさらすことになった。 マルチェロ・リッピ率いるアズーリはグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対に負けられない戦いがそこらじゅうにある

いやあ、イングランド、アメリカ、よかったね。 以下、New York Times。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 水曜日のアルジェリア戦、アメリカは何度も何度もチャンスを迎えた。一つ逃すごとに、興奮と焦燥は増していった。しまいには自らの首を縄で締め上げるように、選手たちの心と身体は磨り減っていった。 序盤のシュートは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大臣に叱られた

いやあ、フランス、さようなら。 以下、3戦目を前にした時点でのTIMES。 ーーーーーーーーーーーーーー フランスの国務大臣が、南アフリカ戦を前にしたフランスチームに説教をたれた。選手たちは涙に暮れた。 選手たちが練習を拒否し、試合もボイコットすると脅しをかけたことに対し、フランス全体が怒るなか、スポーツ大臣のロスリーヌ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主主義と個人主義が成熟するとこうなる

いやあ、フランス、グチャグチャだね。 以下、英SUNDAY TIMES。 ーーーーーーーーーーーー フランスのワールドカップの戦いはメチャクチャになった。ニコラス・アネルカの追放処分に抗議した選手たちが練習を拒否し、フランスサッカー連盟のマネージング・ディレクターは愛想を尽かして辞任した。 最新の騒動は公開練習のとき、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無敵艦隊に思わぬ敵

いやあ、スペイン負けちゃったね。 以下、英TIMES。 ーーーーーーーーーー スペインはスイスに1-0で敗れ、母国のフットボールファンは途方に暮れた。が、彼らの怒りの矛先は、1人の美しいテレビリポーターに向けられた。彼女がゴールキーパーの集中力を殺いだというのである。 スペイン国民が結果を受け入れられずにいるとき、サラ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more