テーマ:音楽

Rolling Stone、またしてもTOTOをけなす(10月31日付)

2018年は、TOTOの"Africa"が私たちの非公式テーマ曲になった年と言ってもいいだろう。この曲はまぎれもなくバカげた曲だ。アフリカへ行ったこともないロサンゼルスの都会のガキが80年代につくった、アフリカへの抒情詩。しかし、我々にとって大事な意味もある。これは新たな"Don't Stop Believin'"だ。80年代のクラッシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーブ・ルカサー 自身のコラボ10選

以下、8月30日付USA TODAY。 バンド結成40周年を迎えたTOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサーには、語りつくせないほどのストーリーがある。9月18日には、自伝の"The Gospel According To Luke"(直訳すると『ルカの福音書』)が刊行される。 ルカサーは本紙のために、お気に入りのプレイリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOTO "40 Trips Around the Sun"

スティーブ・ポカーロのインタビュー。2月2日付。 Q: もうすぐ"40 Trips Around The Sun"ツアーのスタートですね。 SP: ちょうどリハーサルを終えたところだよ。またツアーに戻るのが楽しみだし。新しいアルバムから新曲をやるもの楽しみだ。クラシックなTOTOもね。 Q: グレイテストヒッツでは新曲を3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hold The Line

Hold The Line 君が僕を抱きしめるのとは違う 君が僕のことを心配だと言ってくれるのとは違う 君が僕の友達に優しくしてくれるのとは違う 君が最後まで一緒にいてくれたのとは違う 君とは見た目や言うこともすることも違う (#1) 待っておくれ   恋は予定通りにはいかないものだよ 待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デビッド・ペイチ TOTOを語る

2014年7月のインタビュー。 セルフタイトルのデビューアルバムとともに颯爽と音楽シーンに現れ、"Hold The Line"や"I'll Supply The Love"などのスマッシュヒットを飛ばしたTOTO。彼らは、恩着せがましい音楽評論家の重鎮たちによって、不当に酷評されてきた。批評家たちの言いがかりとは?TOTOは産業ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2. Burn

君の泣き声が聞こえる その不安な心のドアの向こうから 自分を閉じ込めたんだね 自ら作った牢獄の中に一人きり 焼けるような痛みを感じるかい? 目を閉じていれば痛みが和らぐとでもいうのかい? 欲望に屈するかい? それとも終わりなき夜の塔に閉じこもるかい? 僕がこの愛で焼き尽くしてくれよう 僕の傷ついた胸から吹き出る煙を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1. Running Out Of Time

何かが間違っている はっきりとはわからないが 頭を離れない 寒い 太陽を覗き込むと 自分が見える 他者に買われ 支配された自分 俺は狂気に囲まれ  奴らは俺を地面に叩きつけ 目に砂を蹴り入れる 声が聞こえる 中にある真実を探し出してくれと懇願する声が 救いの手はもうすぐだ 時間がない 峡谷は口を開いて待っている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーブ・ルカサー 新作についてのインタビュー 

3月23日付。 ――ルーク、今日のご機嫌はいかが? ルカサー: んー、毎日が冒険だよ。 ――最初に、バンドメイトであり友人でもあるマイク・ポカーロのご逝去に、心からお悔やみを。 ルカサー: ありがとう。俺が最後に会ったときは、ひどい状態だったよ。サヨナラを言うのは本当に辛かった。これが最後だなってのは分かってたけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーブ・ルカサーのインタビュー

5月13日付。 Q: 昨年うかがったときは、初期の頃のバンドの絆が蘇ったという話がありましたが、それは"35th Anniversary Tour:Live In Poland"を見ても明らかに分かりますね。 ルカサー: ライブDVDみたいなのを作るときは、たいてい一晩を一発撮りするわけだから、それは神経が疲れるものだよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断じて便器ではない

4月にTOTOの日本公演を観に行くのだが、 デビッド・ペイチのフェイスブックを覗いていたら、「ドラムのサイモン・フィリップスが脱退してソロ・プロジェクトに専念」とあるではないか! ナヌ!? ちょっと、冗談やめてよ。TOTOのメンバーはみんな名手ぞろいだから方々のセッションで忙しいのはわかるけど、脱けるにしても日本公演が終わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名曲「えんだーいやーいやー」が生まれるまで

いやあ、案の定、TSUTAYAのホイットニーは全部出払ってるね。 以下、大ヒットした"I Will Always Love You"の裏話。ABCの”NIGHTLINE”。 デヴィッド・フォスターはグラミー賞を16個獲得したヒットメーカーであり、そのうち3つをホイットニー・ヒューストンと共に受賞している。フォスターは彼らが手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの歌声を忘れない

いやあ、ホイットニー残念だね。 くにちゃんは別にファンではないが、1991年スーパーボウルの国家独唱はすごかったぞ。 あんときゃ湾岸戦争の真っ最中で、試合前に兵士の無事を祈って黄色いリボンを結んだりとか、わけのわからんナショナリズムが盛り上がっていた。アメリカ国歌ってのは歌いにくいから、歌手がそれぞれアレンジしまくって原曲もクソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマってしまった

こないだアヴリル・ラヴィーンが来日してテレビにちょいちょい出ていた。 先入観で、どうせクソガキの聴く音楽だろうと思っていた。 ためしに視聴してみた。 いいねえ。ちゃんとロックになっている。 まあプロデューサーだかアレンジャーだかの腕がいいからだろうが、いいねえ。 最近CDはあまり買わないんだが、ネットのほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌唱力NO.1

あの歌姫が久々のニューアルバムです。 "I Look To You" ♪ As I lay me down 身体を横たえて今 Heaven hear me now 私の声が天に届くかしら I'm lost without a cause すべてをなげう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若かりし頃のマイケル・ジャクソン

昔のほうが絶対にいい表情してんだけどなあ。 ①1970年代初め、カリフォルニア州エンシーノの自宅で。 ②自筆の絵を見せる。 ③愛犬のジャーマン・シェパードと。 ④アーガイルのセーターと花柄シャツを着こなす。 ⑤音楽ジャーナリストの取材を受ける。 ⑥兄のマーロンとバスケットボールに興じる。 ⑦写真家のニール・プレストンは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソン そのファッション

衣装でたどるマイケル。 ①他のどのエンターテイナーよりもマイケル・ジャクソンはショウビジネスに徹し、その存在はコスチューム抜きには語れない。上の写真は1984年、LAでの第11回アメリカン・ミュージック・アウォードにブルック・シールズをともなって到着。軍服風コスチュームは1980年代のマイケルのトレードマークとなった。 ②青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼マイケル・ジャクソン

スキャンダルのことはともかく、スゴイ才能だったと言うしかない。 TSUTAYAでDVD探したが、なかった。 6歳でジャクソン5の一員として活動開始。 フロントマンとして大人気。 11歳で全米1位。 少年時代を奪われ、孤独感にさいなまれた。 ’93年、オプラ・ウインフリーに「父親に殴られていた」と語った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ジャクソン 波瀾の生涯!

いやあ、くにちゃん、CNNをずっと見てたんだけどさ、ビックリしたねえ。 TSUTAYAにその日のうちに追悼コーナーがあったぞ。 以下、6月25日付ABC News。 自らを「キング・オブ・ポップ」と言ってはばからず、音楽界に革命を起こし、子供への性的イタズラの疑惑によってその栄光が傷ついたマイケル・ジャクソンが、木曜日、心…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

音楽と教育

『陽のあたる教室』って映画あったじゃんか。 教師が音楽を通して生徒の心を開いて云々て話。リチャード・ドレイファス主演のよ。 あれを地で行くお話がアメリカでありました。 以下、ABC "NIGHTLINE"。 元気いっぱいの、60人もの小学5年生を、グレッグ・ブラインバーグが苦もなく落ち着かせる様子を見ると、畏怖の念を抱か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタジアムを満員にする方法

日曜日にスカパーで広島―阪神戦を見てたらさ、アナウンサーが「阿部さんは――」とか「川西さんは――」とか、聞きなれない名前を言うわけよ。そんな解説者いたかしらと思ってしばらく見てたら、UNICORNのみなさんが始球式やって、メンバー全員で放送席にいたのでありました。 ああ、そういや、この人たちは広島が地元でしたな。前の広島市民球場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美声ブサイクおばちゃん、実は仮の姿?

もう飽きた?あのオバハンの続報。 純情無垢ぶりに疑問の声が・・・ 以下、24日付ABC Newsから。 『スーザン・ボイルは本物か?』 スーザン・ボイルは本当にあんなにナイーブなのか? 英国の唄う衝撃、ボイルは木曜日のテレビ番組"Extra"でのインタビューで告白した。"Britan's Got Talent"…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LINDBERG

20年ぶりだかで復活するんだそうですな。 いやあ、くにちゃんも大学生の頃聴いてたね。別にファンてわけでもないけどさ。 確か土曜日の深夜だかの番組で『夢で逢えたら』ってのがあってさ、そのテーマ曲が"Believe In Love"だったのよ。ダウンタウンとウッチャンナンチャンが一緒に出ててさ、今考えるとすごい贅沢ね。あと野沢直子さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブサイクなおばちゃんが出てきて唄ったら超美声!

いやあ、みなさん、見た?あのおばちゃんの映像。 イギリスのテレビ番組『Britain's Got talent』ってやつなんだけどさ、『アメリカン・アイドル』みてえな才能発掘モノかしら。 以下、4月14日付ABC News。 ――英国の最新ポップ・センセーション。彼女は48歳、茶色のちじれっ毛に、ゲジゲジ眉毛。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子連れで全米をドサ回りするロックスター"Mates of State"

以前に紹介した話題の動画を加えました。 以下、ABC World News。 典型的な金曜日の夜、ジェイソン・ハメルとその妻コリ・ガードナーは、2人の幼い娘を寝かせる準備に入る。 ハメルは4歳のマグノリアに絵本を読み聞かせガードナーは生後10ヶ月のジューンを風呂に入れる子供たちはオネムの時間である、が、両親にとっては、夜は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小室哲哉さん

いやあ、びっくりだね。 これでかえってCDとかネット配信とか売り上げが上がったりしてね。 でも焼け石に水か。 くにちゃんが中学生のときにさ、TMネットワークがまだ大ヒットする前だと思うんだが、東北ローカルのFMで彼らの曲がちょいちょい流れてたのをかすかに覚えているぜ。そんときは何か地味ーな感じがしたけどなあ。あのあとすぐに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more